「ジョルジアの手記」に関する質問: 同胞のコスタンティーノ (XNUMX 年後) を家に連れて帰りましょうか?

(へ アンドレア・クッコ)
05 / 12 / 22

ジョルジア・メローニ首相は週刊コラム「ジョルジアの手記」を発足させた。 イニシアチブ(わずかに ポスト...グリリーノ) を作品に伝えることを目的としています。 「私たちはその週に行い、おそらく最もホットで最も興味深いトピック、またはより多くの質問があるトピックについていくつかの回答を提供しました。なぜなら-問題ありません-何でも答えるからです。」

プレミアは次のように締めくくります。 「...次のエピソードを使用して、さらに多くの質問に答えるつもりです」.

先月、私たちはアレッシア・ピペルノ事件の解決に立ち会いました。 イランの神権政権によって保持されている仲間の市民を支持する忠実な介入(その - 願おう! - 地上のエピローグで)。

したがって、私は首相に拍手を送り、別の悪名高い虐待がすぐに解決できると信じています。それは、絶対君主制が仲間の市民に対して犯したものです。 アンドレア・コスタンティーノ. の犠牲者 政治的報復 ha trascorso 15 mesi in carcere e da 6 è bloccato nella nostra ambasciata emiratina. Grazie ad un intervento diretto del presidente della Repubblica non viene oggi più morso da topi in una lurida cella assieme a detenuti politici. Confidiamo che, grazie a "qualcun altro", possa realizzarsi a breve il rientro in Patria.

に対する質問 ジョージアのメモ など: 「同胞のコンスタンティン(ほぼXNUMX年後)を家に連れて帰りましょうか?」

(Defence ON AIR エピソードを参照: "イタリア人であることは罪ですか?: ジョルジア・メローニ大統領にアピール")

ラインメタルディフェンス