イタリア人:戦争と平和への準備ができていない

(へ アンドレア・クッコ)
06 / 06 / 22

102日間の戦争は、容易に想像できる、またはパンデミックの緊急事態ですでに実現されていた我が国の多くの側面を明らかにしました。

XNUMXつ目は、愛国的な「プラスチック」感情を時代錯誤的に高めるか、国益の屈辱を旗印にする政策の実際の戦争の文脈における不十分さです。

Ripudi  戦争 それは、ほぼ一世紀の間、国の軍事手段の効果的な堅固さに反映されてきた憲法上のマントラです。 そして、好むと好まざるとにかかわらず、イタリア憲法は勝利や革命から生まれたのではなく、軍の敗北に続くことを忘れないでください。

それを否定する偽善者、今日誰かが外国人の理想に似た理想を求めたいのなら、それを忘れたほうがいいです:それはキャリア全体にわたって平和に続くのは「ケッコ・ザローネ」だけであり、他の人にとっては涙だけです下の朝に。旗と慢性的な腹痛に。

イタリアとの国境から700キロ以内の紛争が始まってから数か月後の今日でも、私たちはウクライナについて話しているだけであり、防衛が機能している恥ずべき状況については話していません。

これは、ロシアに明確なメッセージを送るために他のヨーロッパ諸国の品位を持たずに、最前線に送られた武器のリストが「分類」される方法です。 しかし、私たちの前線は内部的であり、確かに外交的ではありません…もしこの政府が生き残るために(狡猾に)外部に残った反対派を組み込むとしたら、誰が助けを求めることができますか? 「鼻をかむ」ことすら投票できなくなったイタリア人の次の過半数に?

空の倉庫や装甲車両(そして装甲ではない!!!)に「平和維持」から真剣に警戒している人は誰でも、彼らが紛争に巻き込まれた場合(中程度の激しさでさえ)私たちに死体だけを返すだろうと? ネガティブ! 確かに、「オリジナル」に見えるように、彼らは2月XNUMX日のパレードでさえパレードされます。 バックグラウンドでのコメントのスーパーカゾラと誰がそれに気付くのか…?

多くの大臣にとって、24年2022月XNUMX日まで、海外での作戦の広範な検閲は常に容易に行われてきました(を参照)。 バラ・ムルガブの戦い)そして何十年にもわたる気の利いたおとぎ話の世論の犠牲者は、XXSettembreを介して「座る」のに最適な場所になりました。

「防衛」は、これまでのところ、たとえ抑止力があっても、祖国を保護する(効果的な)能力ではありませんが、仕事、企業の近視眼的な利益(多くは「国家」)、政府の役職...コビッドと「今日まで」の政治戦略によって国が深刻な打撃を受けたときのことを覚えていますか? 国立曲技飛行チームは都市の上空を飛行するように命じられました...

エルアラメインのように、それは「不運」であり、 イタリア王国閣僚評議会議長のスピーチにのみ存在する不適切または不十分な設備と兵站 (非常に多くの若い兵士の勇気と絶望によって英雄的に補償されました)、 "何もかも良くなるだろう" それは不確実性に対する「具体的な」答えをよく表しています。 私たちはまだそれに対してお金を払っていて、これから何年もそうするでしょう。

「まあ、それが私たちのやり方です...」 -誰かが言うでしょう- 「レバンティン、小さなマフィア、常に悪党。 私たちは戦争の準備ができていません...しかし一方で、私たちは平和のために優れています!」.

ここに別の痛い前線があります、可能であれば最初のものよりも悪いです!

戦争を見ない人々は、不可欠な前提条件のために平和の探求には全く不向きです。 タイミング.

武器が話すとき、決定と対抗策をとったのは(他の人々の)政治です。 彼らは確かに軽い心でなされた選択ではありません、彼らは決して即興ではありません。

敵意が最初から始まるとき、「平和」は確かに競争相手の共通の目標です。 第三者がそれを望み始めること(またはそれを書くための神経を持っていることはさらに悪いことです!!!)は、現実からの完全な分離の兆候です。

これは、あなたが宗教的権威でない限りです。 この場合、人間間の兄弟愛を認識し、彼はそれを求めなければならず、必要に応じて、彼が知っていたことのために以前に彼を犠牲にした人々をよく表すために、戦いの最前線への旅行で彼の命を「適切に」失います。

次に、前世紀のいくつかの例を見てみましょう。朝鮮戦争と(地平線上で脅威となるものを考えると…)第二次世界大戦です。

わずかXNUMXか月で、韓国の前線は極端なものから別の極端なものへと変化し、その後、最初に国連、次に中国共産党による「地上のブーツ」介入のおかげで、本質的にその起源に戻りました。

いつ平和が達成されるべきだったと思いますか? 1950年に? もしそうなら、どの月に? または1953年に? (正解はありません。正式には戦争はまだ続いており、休戦協定によってのみ中断されています...)

次に、以前のはるかに有名な世界紛争について考えてみましょう。 数年で、チェコスロバキアのズデーテン地方から、東ヨーロッパ全体、モスクワの門まで、ドイツ軍がポーランドに渡りました。 ベルリンで敗北して戻ってくるだけです。

いつ平和が達成されるべきでしたか? ワルシャワ、キーウ、モスクワの国境を越えて? 歴史は劇的に変わるでしょう。

「平和」は熟したときに刈り取らなければならない果物であり、犠牲と涙なしに呼び出すことも予想することもできません。 そうでなければ、使用される用語は「降伏」であり、それを呼び出す人は誰でも-妨害や延期さえ(今?)軍隊のために同盟に多くの前の政府によって約束された資金は平和主義でも中立でもありません...利益(他の軍隊を含む)。

写真:国防省/ RAI / web