13月19.00日木曜日午後XNUMX時、疑いの余地のない弁護:「海軍は労働組合をマリナ化しているのか?」

12/06/24

私たちは各軍隊の労働組合代表者との第二回会合を開始します。

軍事代表の改革は気まぐれや政党(ましてやこの新聞など)に依存したのではなく、 欧州人権裁判所 (ECHR)。

この文脈における重要な判決は、「マテリー対フランス」事件(2014年)におけるECHRの判決である。この判決は、軍人に対する労働組合の結成または加入の絶対的な禁止は、憲法第11条の違反であるとの判決を下した。 欧州人権条約, 結社の自由を保証するもの.

この決定は、イタリアを含むヨーロッパのさまざまな国の規制や判決に影響を与え、 イタリア憲法裁判所の判決 2018年の軍事同盟設立への道を開いた。

悪法もまた法 それで。

しかし、軍隊における新システムの「慣らし」はどのように進んでいるのだろうか?

アップデートのために、私たちは 13月19.00日木曜日午後XNUMX時 海軍の代表者:SINAM、SIM MM、USMIA。

そこにお会いしましょう​​!