27月21.00日月曜日、午後XNUMX時「ウクライナ対ロシア:誰が(本当に)負けるのか?」

(へ アンドレア・クッコ)
23/05/24

ここ数カ月間、 ウクライナでの戦争 特にハリコフ地域では戦闘が激化し、ロシア軍が主導権を取り戻した。ウクライナ軍は、特にバフムートでの抵抗に苦戦しているようで、ロシアの進軍を認めている。

国際レベルではロシアに対する制裁が強化されており、G7はロシアに対するコミットメントを再確認している。一方、中国はロシアから利益を得てロシアとの関係を強化し続けており、クレムリンに対する国民の支持を示している。

何が 現地と地図上の実際の状況 この戦争3年目で?

私たちの地元の「ファン」と一般的なプロパガンダは、(直接関係する当事者の中に)勝者は存在せず、決して勝者はいないことを理解するのに役立ちますか?

近い将来、何らかの変化が予想されるでしょうか?

たとえ紛争が終わったり一時停止したりしても、世界は決して元には戻らないということを私たちはついに理解したのでしょうか?

話し合います 27月21.00日月曜日午後XNUMX時XNUMX分 一緒に ルイージ・キアッペリーニ将軍、著者 「ウクライナの紛争-一部の将軍にとって、特に特定の政治家にとっては深刻すぎる」「バフムートのために死ぬ」.

そこにお会いしましょう​​!

写真:ロシア国防省