今晩午後21.00時「イタリア:地平線上に課題か不運か?」

(へ アンドレア・クッコ)
14/06/24

世界は新たな秩序に向かって進んでおり、国連などの組織は増大する世界的緊張を鎮める上で矛盾と無力さをますます明らかにしています。先の世界大戦から1世紀も経たないうちに、数年後にルールを書き換えるのはかつての勝者ではなく、おそらく新たに台頭してきた主体たちだろう。これは避けられないようです。

一方、将来の政治的影響力を望むすべての国は、潜在的な軍事衝突への準備を加速している。

イタリアですか?

軍隊の作戦能力と有効性が懸念されている。適切な装甲コンポーネントが不足しており、人員も不十分で、訓練も不十分で、雇用も不十分である。これらの問題は始まりにすぎません。

実際の紛争シナリオに備えた労働力の採用、訓練、維持に関して深刻な問題が存在する。さらに、世論は多くの場合、十分な情報を提供していないことが多く、そのような制度を創設することについては何年も議論されてきました。 「防衛の文化」, しかし現実には、情報はしばしば検閲されています。ご存知のとおり、異なる結果を期待して同じことを何度も繰り返すことは、 愚かだ!

なによりも説得力に欠ける。やる気を失い、分断され、政治階級からますます遠ざかっている国民を「国家」と呼ぶことは、必然的に受けるであろう巨大な試練に直面するために必要な団結を見つける助けにはならない。

私たちの前に「試練」や「不運」はあるのでしょうか?

イタリア人の気質と粘り強さには疑問の余地はないが、重要な約束に準備ができていないのが不運のせいではないことを最終的に理解するには、「勇気ではなく幸運」ということわざをもう一度聞く必要があるだろうか?

お尋ねします。 今晩午後21.00時に、将軍に ジョルジオ・バティスティ e ジュゼッペ・モラビト.

皆様からの(ご質問も)お待ちしております!

写真:米海軍