ヤング イノベーター ビジネス フォーラム: 4 月 XNUMX 日 イノベーションの首都ミラノ

(へ アンギ)
31/05/24

デジタル経済の課題、人工知能の役割、そして若者とビジネス界を見据えた競争力のあるイタリアのマニフェスト。これらは第 3 版のテーマです。 ヤング・イノベーターズ・ビジネス・フォーラム 今年もミラノに戻ってきます。4月9,00日、17,00時から1時まで、チッタ・ディ・ロンバルディア広場XNUMXのテストーリ・オーディトリアムという一流の会場で開催されます。

ミラノ このようになります イノベーション資本 この重要なイベントは、イタリアの欧州議会事務所と協力し、イタリアの欧州委員会代表部、ロンバルディア地方、AGID、ENEA代理店、Assintel - Confcommercioの後援により、全国若手イノベーター協会であるANGIが推進する重要なイベントです。 、Anitec – Assinform、AIDP、Andaf、Confimprese。

この第 3 版では、イノベーションとビジネス エコシステムのサポートに対する ANGI と若いイノベーターの取り組みがさらに強調されています。私たちは生成 AI の出現による新たな技術革命の夜明けに直面しており、新たな実現技術の開発がもたらす影響は新たな経済ブームにつながる可能性があります。しかし、この機会を逃さないように、研究へのさらなる投資を支援し、企業へのインセンティブを増やす必要があります。国民に奉仕するテクノロジーの民主化のプロセス。競争力のあるイタリアに向けたマニフェストを政府とヨーロッパに提出します。」 そう ガブリエレ・フェリエリ ANGI 社長 (以前の ForbesU30)。

ゲスト満載のエディション イノベーションとデジタルに関する観測所のⅢレポート 投資と新しいトレンド、スマートシティと未来のモビリティ、サイバーセキュリティと人工知能に焦点を当てています。このレポートを推進しているのは、 ANGI 研究 Lab21.01との協力により、アンギ科学委員会のディレクターであるロベルト・バルダッサーリによって編集されました。

体験談や最先端の​​コンテンツが満載のプログラム。 制度的介入 の声とともに 政府地方自治体 協力: ジルベルト・ピチェット・フラティン、環境・エネルギー安全保障大臣。アレッサンドロ・モレッリ、閣僚評議会議長国務次官。マッシモ・ビトンチ、イタリア製ビジネス省次官。グイド・グイドシ、ロンバルディア州経済発展評議員。エマニュエル・コンテ、ミラノ市予算・不動産担当議員。ライラ・パヴォーネ氏、ミラノ市技術革新・デジタル変革委員会コーディネーター。

以下は大人たちの言葉です イタリア企業および国際企業の代表者 主要なマネージャーやビジネス リーダーの声を通じ、CVC およびデジタル ハブ A2A のイノベーション担当グループ責任者である Patrick Oungre 氏を紹介します。パトリック・ガーリッヒ氏、バイエル・クロップ・サイエンス・イタリアCEO、ジョバンニ・リオネッティ、Swag CEO。人工知能モニタリング CEO、Giusi Fiorentino 氏。フェデリカ・パシーニ氏、Hacking Talents CEO兼共同創設者。マニラ・ディ・ジョバンニ、D-World の CEO 兼創設者。 Flavio Arzarello 氏、メタ社イタリア経済規制政策担当公共政策マネージャー。 Claudio Lubatti 氏、イノベーション エコシステム インテサ サン パオロ イノベーション センター担当責任者。イータリー創設者オスカー・ファリネッティ氏。 DoubleYou イノベーション マネージャー、オッタヴィア パラヴィチーニ氏。ジョヴァンナ・ドッセーナ、AVM Gestioni 校長。

予約時に人が不足することはありません ビジネス界および業界団体の代表、ユース・コンフィンダストリア全国会長のリッカルド・ディ・ステファノ氏を含む。 Eleonora Faina 氏、Anitec Assinform のゼネラル ディレクター。ダンテ・ラウディサ氏、Assintel Confcommercio 副社長。マルコ・ヴィジーニ、AIDP国家副会長。 ANDAFロンバルディア社長のファブリツィオ・チェリオッティ氏とINDICAM社長のマリオ・ペセリコ氏。

最後に、棚卸しをするために 経済シナリオと社会シナリオの間の課題と機会、イタリア銀行ミラノ事務所所長、ジョルジョ・ゴッビ氏を含む専門家および学者。チェーザレ・ポッツィ、ルイス応用経済学教授。カルロ・スタニャーロ、ブルーノ・レオニ研究所調査研究部長。ドメニコ・ロンバルディ、公共政策実践教授兼政策部長。ルイス行政学校の天文台。ミラノ大学農業環境科学部准教授(生産、領土、農業エネルギー)のヴィットリア・ブランビッラ氏と『WIRED』ディレクターのフェデリコ・フェラッツァ氏。

完全なプログラムについては相談することができます ウェブサイト ひたむきな。下記よりお申込みの上、入場無料となります .