ストルテンベルグ、NATO、ウクライナにおける西側兵器

(へ アントニオ・リー・ゴッビ)
27/05/24

イェンス・ストルテンベルグ氏のNATO諸国への招待は、ここ数日多くの議論を引き起こしている ウクライナに寄贈された兵器システムをロシア領土内の軍事目標を攻撃するために使用する可能性に関して、これまでウクライナに課されてきた制限を撤廃する。。インタビューによるご招待エコノミスト。筆者は、この種のトピックとしては明らかに型破りなコミュニケーション方法だと考えています。

すぐさま、同盟側の戦争挑発やロシアとの紛争レベルを引き上げるNATOの意図についての話が(著者によれば無駄だった)あった。

私個人としては、ストルテンベルグ氏の判決は、ウクライナ紛争に関して大西洋同盟がまったく無関係であることを示すものだとむしろ言いたい。

法王が言及した、よく引用される「NATOの吠え」以外にも! 同盟は事実上、紛争において何の役割も果たしていない そして、現職書記長の繰り返しの明らかに好戦的な発言は、おそらく彼自身のことを示しているだけだろう。 この限界的な役割を見つけることに対する個人的な不満.

いくつかの事実を要約しましょう...

紛争におけるNATOの役割

事務総長の明らかな主導権を超えて、ウクライナ危機に関連したNATOの唯一の「本当の」介入は、これまでのところ独占的に実施された同盟の東部国境の神聖な強化である。 加盟国の領土内で不法侵入なしで。 NATO諸国へのロシア/ベラルーシ軍の侵入の可能性を阻止し、場合によってはこれに対抗し、侵略の際に同盟の軍事的結束を実証することを目的とした資産(空、陸、海軍)の配備。 1949年以来同盟の「中核事業」を代表してきた「防衛と抑止」の任務と完全に一致した活動。

その他すべて(ロシアに対する経済制裁、ウクライナへの経済支援、ウクライナ軍への武器システムと弾薬の移転) 別の場所で決まった (ワシントン、EU 内、または欧州の各首都)。特に、航空機、大砲、装甲車両、対空システム、弾薬などの移転は、実際には、それらを提供する各国によって決定されました。名目上ラムシュタインで調整されている活動(ウクライナ国防連絡グループ)、 どこ 50国 (多くの NATOではない)NATOの指示ではなく米国の指示の下で、ウクライナへの軍事援助を調整するために会合する。このコンタクトグループの前回会合(第22回)は、ロイド・オースティン米国防大臣の議長の下、20月XNUMX日にオンラインで開催された。このプロセスにおいて、NATOはせいぜい、ウクライナと国境を接する国々に提供されたものの流れを監視し、場合によっては調整する役割を担っている。ただし、すべて上流で決められたことに基づく 個別に 個々の援助国、NATO加盟国だけではない国々からも。

職務に関連した面接の機会

役柄とは別に 子会社 言及された具体的な問題に関して、NATO は報道で表明された、ウクライナのためにもっと行動するよう各国に呼びかけた。 他の理由でも不適切。事務総長は国家政府の長ではなく、いかなる点においても欧州委員会委員長に匹敵するものではありません。 NATO事務総長は基本的にメディアに対して次のように言っている。 大西洋評議会のスポークスマンのみ!この問題に関する NATO 政策は、原文どおり次のように規定しています。 "事務総長は同盟の主要なスポークスマンであり、加盟国を代表して国民に対して同盟を代表します。 政治問題に関する共通の立場を表明する 1.

NATO は軍事的なフォーラムではなく、政治的なフォーラムです、決定はもっぱら全会一致によって行われます。したがって、一部の国にとって非常にデリケートな話題、特に欧州選挙が近い場合に報道機関に演説する際、事務総長は同盟国32カ国すべてが共有する立場を報道することに限定すべきだった。コメント あまり熱心ではない 彼のインタビューに関連してヨーロッパのさまざまな首相がまとめた資料は、これらの立場が完全には共有されていなかったことを示している(あるいは、たとえ共有されていたとしても、欧州選挙前夜には有権者の注意を喚起しないことが望ましかった)。 。

はっきり言っておきますが、書記長には32の首都をまとめるという難しい任務があります。 それぞれが独自の利己的な国内の議題を持っています、これはほとんど不可能な事業である(また、ジョージ・W・ブッシュが最初にアフガニスタンを攻撃し、次にイラクを攻撃したいと考えたとき、彼はより順応性の高い「有志連合」に頼ることを好んだのもこの理由による)。

ロシアの標的を攻撃するための NATO 諸国の兵器システムの使用

確かに、キエフに送られた兵器システムの使用に課せられたいくつかの疑わしい制約を取り除くようストルテンベルグが連合国に要請したことは、軍事的観点からは理にかなっている。さらに、筆者の意見としては、 事務総長は、連合国が共有していない報道機関への発言にふけることなく、NATO諸国の閣僚や大使に勧告することに限定すべきだった!

軍事的な観点から見ると、ウクライナに武器を寄贈し、同時にウクライナ人が毎日受けている攻撃の多くが発生している同じロシア領土に対する武器の使用を禁止することは確かにほとんど意味が無い。.

さらに、隠れた恐怖のため、事実上「同盟国」とみなしている国に武器を寄贈することを決定した国は、(もしその国が「同盟国」とみなされていなかったら、 武器は彼に売られるであろう、そして与えられないだろう) 確かに、そのような兵器システムを最大限に活用することを禁止する権利がある。もちろん彼にはその権利がありますが、 しかしそれはこの選択が論理的であるという意味ではありません.

一部の政治家が何を言おうと(私は選挙世論調査を見て推測している)、公然と親ウクライナ政策を行っていること、ロシア連邦に対する経済制裁の導入(現実的な効果はしばしば疑わしいが、メディアの反響は大きい)、押収/国家資産やロシアの個人資産の凍結、軍備の軍事援助(SAMP-Tのような高度なものも含む)の提供など、ほぼすべてのEU諸国と同様に、イタリアも事実上、ロシアと「戦争状態」にあると容易に推測できる。ロシアは2年以上。

歴史的な観点から見ると、フォンデアライエンが率い、2022年にはドラギ政権、その後メローニ政権が支援したEUの立場が本当にEUとイタリアにとって最善の利益になったのかを議論するのは理にかなっているかもしれない。しかしこれは 明日の歴史家はそれを評価するだろう.

現時点で、ウクライナへの「檻のような」支援の提供に限定することは、ロシアとの関係を改善することはできず、将来のキエフとの関係を損なう可能性がある。今や疲弊したウクライナの防衛力が差し迫った(可能性のある)完全崩壊を当然のことと考えない限り。.

しかし、イタリアにとって、これはすべてかなり学術的な論争です。実際、国内の議論を静めるためには、イタリアがウクライナに正式に送ったものの中で最も価値のあるものは、現時点ではSAMP-T(純粋に防御的な防空システム)であり、それは登場しないということを覚えておくだけで十分だろう。我が国は、キエフ軍がロシア領土内を攻撃するために使用できる長距離ミサイルシステムを供給していると。 つまり、私たちにとっては間違った問題ですが、同じように役立つのです 白熱した選挙集会中に平和の旗を身にまとう.

イタリアの「特殊な」ことはさておき、一般的なレベルでは、既に書いたように、各国は自発的に「半国民」に提供する援助に対して、適切と思われるすべての制限(それが賢明であるかどうかにかかわらず)を課す権利を有する。同盟国」などはウクライナと考えられる。しかし、ロシア侵攻の当初からキエフを「同盟国」として扱い、やはり「私たちの価値観」の名の下に、ロシア攻撃に抵抗するためにウクライナ人に軍事援助を約束したのは西側だったということを思い出そう。私たちが言ったことは彼らです。 過去80年間にアメリカ主導の西側諸国が欺き、「勝利するまで」側に留まると約束してきた多くの人々(反カストロ派のキューバ人、南ベトナム人、アフガニスタン人、イラク人、クルド人など)と同様に、ウクライナ人に対しても、新しいダビデに対して、西側は「ロシアのゴリアテの敗北」までの援助を約束した。これに関連して、一方ではキエフに軍事援助を提供する必要がなかったとしても、他方では、たとえそれが認められたとしても、その使用が明らかに無効になるような制限に結びついているのであれば、提供する意味はほとんどない。.

ストルテンベルグ氏とマクロン氏:類似点と相違点

今日、ストルテンベルグ氏の最新の発言と、フランス大統領が将来的にウクライナで戦うためにフランスや他のNATO諸国から兵士を派遣する必要性の可能性を仮説を立てたマクロン氏の発言と組み合わせる傾向がある人もいる。キエフ現地での作戦の進展が決して好ましいものではないことを考慮して、マクロンは深刻な警鐘を鳴らしていたが、たとえ選挙が近づいている今、それが警鐘であるとしても、それに適切な注意を払うのが正直なところだろう。気づかなかった、あるいは気づかなかったふりをした有権者の大部分にとっては消化不良である 「彼らの知らないうちに」 彼らはすでにロシアと戦争状態にある。

マクロン氏は本質的に、差し迫った将来、単に小切手を書くことでウクライナ人に支援を提供するだけではもはや十分ではなく、リビングルームでテレビの前に座って飲み物を飲みながらするだけでは十分ではない、と私たちに告げる知的誠実さを持っていた。手。その時点で、我々は地上に兵士を配備することを決定するか、事実上キエフに交渉して和平を受け入れるよう強制するかのどちらかである。一部の「トークショーの暴徒」が偉そうに言うように、平和は「正義」でも「不正義」でもあり得ず、むしろ、これまでと同様、現場の立場によってのみ決定されるだろう。実際、マクロン氏はヨーロッパ人に乱暴にこう尋ねた。 「理想のために戦う準備はできていますか?」。個人的には、その答えは否定的だと思うが、それならすぐにウクライナ人に宣言する方が正直だろう。

では、マクロン氏はストルテンベルグ氏のようなのでしょうか? 絶対違う!マクロン氏は、 社長 大統領は、その職にある限り、自国の外交・防衛政策について意見を表明する権利と義務を負っている。彼は有権者からの白紙の代表団を持っており、次の国政選挙では良くも悪くも代議員として答えることになるだろう。ストルテンベルグは、 役員 株主(NATO 32 か国の政府)は、これまで一度も白紙の委任を与えたことはありません。

ストルテンベルグ氏の中国に関する発言

ロシアに提供された軍事支援に関連して、ストルテンベルグ氏が最近中国に対して行った非難も、かなり疑わしいようだ(中国指導部が繰り返し主張するモスクワへの政治的支援とは異なり、軍事支援は中国政府によって公式に宣言されたことはない)。

事務総長は、こうした援助がウクライナで進行中の紛争を不安定化させる要素であることを遺憾に思った。確かに予想される発言 最高法王同盟のほぼすべての加盟国(つまり、トルコ、アイスランド、ハンガリーを除くすべて)が諜報支援、訓練、戦車、ミサイル、飛行機、弾薬などの派遣によって、他の交戦国を軍事的に公式に支援している同盟の書記長であればなおさらである。

ストルテンベルグの未来

この問題について報道を通じて指示を出そうとするのはNATO事務総長の権限を超えていると繰り返すと、イェンス・ストルテンベルグ氏は全く検討されていない発言にふけっていないと考える人もいるかもしれない。悪意のある人々の中には、自分自身のことを考える人もいるかもしれません。 現在10年間の任期が差し迫っているため、職を探している (これまでのところ、前例を超えて更新されており、1月2014日に期限切れになります)。一方、彼の前任者であるデンマーク人のアンダース・フォグ・ラスムセン氏は、2016年にNATO事務総長の職を辞任した後、XNUMX年にウクライナのポロシェンコ大統領の顧問に就任した。 ゼレンスキー氏の前任者). でも違います...彼らはただの悪意です!

1 「Manuel de l'OTAN」、OTAN外交部、2006年版、80ページ

写真:NATO