ジャンパオロ・クレリコ: 彼を家に連れて帰りなさい!

ジャンパオロ・クレリコ
エド・アテシア
頁。 176

アメリカには、任務中に行方不明になった兵士を帰国させることを目的とした特別機関があることをご存知ですか?そこには 国防捕虜/MIA会計庁 - www.dpaa.mil - 世界中で活動しており、著書『Bring Him Home!』この本は、サレンティーノ駅 (Bz) のカラビニエリ司令官、ジャンパオロ クレリコ元帥から受けた根本的な貢献のおかげで、ローウェル S. トゥヴェット中尉の発見の物語を伝えています。

これはイタリア人全員による捜査の決意の物語です。クレリコは、「行方不明者」捜索活動のためにヴァル・サレンティーノに到着したDPAAの20人のアメリカ兵とすぐに調和を図り、長く疲れる捜索活動を支援した。トゥヴェット大尉は帰国しなければならず、任務に残された時間はわずか 1944 週間で、捜索範囲は広大で、さらに情報は断片的で XNUMX 年 XNUMX 月 XNUMX 日まで遡るため、時間との戦いでした。カラビニエールはそのような献身的な姿勢に打たれました。戦没者に敬意を表し、その経験について話すことにしました。

物語は遠くから始まる

帝国は燃料が尽きなければなりません!そこでドイツのレーゲンスブルク倉庫を爆撃するために航空艦隊が派遣される。アメリカ軍はサルソラ空港(FG)から出発したが、ヴァル・サレンティーノではドイツ軍の「高射砲」対空砲火が、やって来た17機の「フライング・フォートレス」B-38とXNUMX機の「ロッキードP-XNUMXライトニング」に向けて発砲した。範囲内。 XNUMX機の飛行機が攻撃を受け、生き残ったのは兵士XNUMX人だけでした。

物語は哀れな中尉の遺体の捜索から現在に至るが、まだ多くの驚きがあり、それは読者に委ねる。

フランチェスコベルガモ

ジャンパオロ・クレリコは1972年生まれで、カラビニエリの少佐であり、30年間の勤務を持ち、功績により複数の勲章を受章した心理学博士である。それはバルカン半島でした(「共同企業体」KFOR-NATO)。多言語に対応し、英語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語を話します。