ラインメタル、会社史上最大の注文を獲得:大砲の弾薬として8,5億ユーロ

(へ ラインメタル)
20/06/24

デュッセルドルフに本拠を置くラインメタル・グループは、総額最大155億ユーロの8,5mm砲弾の供給に関する枠組み契約をドイツ連邦軍から受け取った。この契約は、20 年 2024 月 XNUMX 日に、アネット・レーニック・エムデン社長によって署名されました。連邦設備・情報技術・サービス内サポート局 ドイツ連邦軍 (BAAINBw) の、およびコブレンツのラインメタルの代表者によって、事務局の本部で発表されました。

既存のフレームワーク契約が大幅に拡張されました。この命令の主な目的は、ドイツ連邦軍とその同盟国の物資を補充することと、ウクライナ防衛作戦を支援することである。

納入は2025年の初めに開始される予定。主な購入者はドイツ連邦共和国で、供給の一部をウクライナに提供することになる。さらに、パートナー国のオランダ、エストニア、デンマークもこの注文に参加しています。

同時に、ドイツのウンテルルース(ニーダーザクセン州)に建設中の新工場の立ち上げ段階での生産能力を確実に使用するための最初の枠組み契約が締結されました。この注文には、総額約 155 億 880 万ユーロ相当のさまざまなバージョンの 2025 mm 口径発射体の納入も含まれています。納入は XNUMX 年に開始される予定です。今後数年間で供給注文のさらなる増加も予想されます。

Rheinmetall AG 取締役会長 Armin Papperger 氏は次のように述べています。 「当社の最近の歴史の中で最大規模の注文をいただき、大変うれしく思っております。この大規模な枠組み契約は、ドイツにおける弾薬供給者としてのラインメタルの指導的役割と、世界最大の大砲弾薬生産者としての当社の立場を強調するものです。私たちは、ドイツ連邦共和国とその同盟国の安全保障規定の一環として、この長期命令に表明された多大な信頼に非常に感謝しています。」

「連邦政府は約束を守っています。この枠組み契約により、我々がニーダーザクセン州のウンテルルース拠点に建設中の新工場の必要な能力を、我が国軍に弾薬を供給するために確実に使用することが保証されます。連邦首相はこれを我々に保証しました」 12年2024月XNUMX日の就任式の際の彼の訪問中に、」 パペルガー氏は続けた。

ラインメタルは、砲弾、信管、炸薬、弾丸を駆動する推進薬という単一の供給源から「完全な射撃」を提供できるようにするために、ニーダーザクセン州ウンターリュースで砲弾のバリューチェーン全体を生産する予定です。発砲時に銃身から外れる。生産100.000年目からは年間200.000発の発射体の生産能力が現場で達成され、年間XNUMX発まで増加します。