マリア・ラ・バイラドラとレパントの海戦

(へ ジャンルカ・ベルトッツィ)
07 / 10 / 21

7月XNUMX日はレパントの海戦の記念日であり、多くの戦闘機を思い出すために、あなたがそれをどのように考えても、非常に困難な戦いでした。私は女性、マリア・ラ・バイラドラの話をしたいと思います。

歴史的事実から始めましょう

レパントの海戦は、キプロス戦争中に、オスマン帝国のイスラム教徒の艦隊と神聖同盟のキリスト教の艦隊の間で起こりました。スペイン帝国、教皇領、ジェノヴァ共和国、マルタ騎士団、サヴォイ公国、トスカーナ大公国、ウルビーノ公国、ルッカ共和国、フェラーラ公国、公国のゲラからマントヴァの。

戦いは、当時よくあったように、イタリアとスペインの兵士によって、幸運と不運を伴って、通常は成功を収めて、非常に勇気を持って戦われました。

私が言ったように、それは非常に致命的な比率の厳しい戦いであり、両側の戦列艦は安全な距離から戦闘を指示するのではなく、活発な戦闘に関与していました。 ホーリーリーグはオスマン帝国に対して成功し、16隻のオスマン帝国の船(艦隊の8%)の損失と比較して、艦隊の214%に相当する76隻の連合軍の船のみが失われました。

その日のリーグの勝利がなければ、おそらくオスマン帝国は間違いなく地中海を支配していたでしょう。.

合格させてください 歴史から伝説へ、またはむしろ確かにマイナーな人物、おそらく伝説的であり、その名前はしばしばスペインの戦いの物語に戻ってきます。

イタリア語とスペイン語の両方のレパントの海戦に関するすべての公式または半公式の報告の中で、実際には、戦いの目撃者である兵士マルコ・アントニオ・アロヨの貴重な報告しかありません。 1576年にミラノ(当時はスペイン王国に属していた)で「神聖同盟の艦隊の物語に関する報告」というタイトルで出版され、兵士に扮したスペイン人女性が艦隊に忍び込んだエピソードについて簡単に触れています。で戦う スペインの本物。 オーストリアのドンファンが「役に立たない女性と人々」の乗船を明確に禁じていたので、乗船中の女性の存在は本当に例外的な出来事でした。

有名な海戦の非常に正確な記録であるため、このレポートで彼が貴重で真実であると見なしたことを報告する価値があります。

これが彼が書いたものです:

 「...しかし、習慣と自然な女性の恐怖を取り除いたバイラドラ(バレリーナ)と呼ばれるスペインの女性、マリアは、火縄銃で非常に多くのエネルギーと器用さで戦ったので、多くのトルコ人は命を失い、直面しましたそのうちのXNUMX人、彼は彼を刺して死にました。このため、ドンファンは彼に異常な名誉を与え、それ以降、ドンロペデフィゲロアのテルシオで、彼が示したように、兵士の間で彼の地位を占める必要があることを彼に与えました。 。」

したがって、このエピソードはマルコ・アントニオ・アロヨにとって非常に重要であったため、彼は彼の本の章を構成する逸話のコレクションで彼に数行を捧げ、時間のミソジニーに効果的に挑戦しました。 マリアはこうして伝説に入った。

Arrigo Petacco、彼の本の中で 最後の十字軍、ピウスXNUMX世によって確立された道徳的規則について、彼はこれらのXNUMXつがキリスト教の艦隊への搭乗の禁止を認可したことを指摘しました 「ひげのない男性、ページ、女性」、彼らができなかったように 「信仰の僕たちの魂を堕落させる」; 「[...]スペイン人の特定のマリア・バイラドラだけが、火縄銃を装った彼女の恋人を追うことができます[...]」.

好奇心旺盛なエピソードの現実は、最小限ではあるがファンタジーに基づいていることが多いが、マリアはアンダルシアから逃げた若いジプシーであり、母親がまだ子供の頃に魔女として火傷を負ったと言われている。 この種のことは多くの小説やヴェルディのトロヴァトーレのオペラで時間とともに取り上げられたことを考えると、これは当時珍しいことではありませんでした。 迷信から、または悪名高い理由で火刑に処せられることは、非常にカトリックのスペインでは珍しいことではありませんでした。

しかし、伝説によれば、美しいジプシーは幸運な方法でナポリに到着し、フラメンコの並外れた官能性に魅了された兵士に出会いました。 二人は恋に落ち、マリアは兵士の出発のニュースでショックを受けました。 しかし、彼女が何とか着手したのは彼女のダンススキルのおかげです リアル、彼の最愛の兵士はどこですか テルシオデルマーレオーシャン、バトルに向けて出発する直前の運命にあります。

ナイフのように火縄銃での射撃に熟練した彼女を見た戦いにおけるロマンチックな息とその否定できない価値は、その後、マルコ・アントニオ・アロヨによって不滅になりました。マルコ・アントニオ・アロヨは、あいまいな理由で、血なまぐさい戦い。

写真:ウェブ

(最初に公開された記事 オーシャン4フューチャー)