空軍士官学校: 新しい宇宙システム研究所で実験が成功裡に完了

(へ 軍用空軍)
04/06/24

衛星打ち上げ無事完了 キットサット コースの学生による北極宇宙飛行学の講義 ドラゴンⅥ ポッツオーリ空軍士官学校の卒業生。地球の曲率の写真を25km以上上空から撮影することを目的として成層圏気球に取り付けられた衛星の打ち上げは、31月XNUMX日金曜日に「Serg.」で行われた。選考科目CQSマルコ・ヴェネツィア」は、アカデミーの「宇宙システム研究室」の最終段階であり、正式な学生パイロットと兵器の役割が続きます。 ドラゴンⅥ.

この研究室は、GESAD(防衛のための航空宇宙システム管理)学位コース内に今年導入され、国防軍の目的に沿って、衛星技術の基礎知識を提供し、宇宙作戦の基本概念を理解することを目的としている。宇宙ドメイン。理論的な部分は、正面からのレッスンの実施に基づいており、コース中に設計された検出システムの起動に至るまで、設計と組み立ての実践的な部分に接続されており、実際の科学実験が作成されます。

このコースは、空軍士官学校が受講者向けに企画したもので、STEM アプローチに基づく訓練要件を満たしており、学生が将来の課題に備えられるようにすることを目的としており、「実践して学ぶ」ことを通じて学習を刺激します。トレーニングコースは、トレーニングユニット内で長年にわたって実施された活動の結果の表現でもあり、そのおかげで、この教育の理論的および応用的な内容が充実しました。

悪天候にもかかわらず、打ち上げは無事に行われました。金曜日の午前09時30分、気球は空軍士官学校の司令官、空軍師団長ルイージ・カサリ、常設幹部の代表、ナポリフェデリコXNUMX世大学の数名の教師らの立ち会いのもと、大気中に放たれた。その中には、「宇宙システム研究所」所長のマリア・ダニエラ・グラツィアーノ教授も含まれる。

コースの最初の段階で、学生は衛星の機能、そのサブシステム、軌道上の現実の知識から通常の大気がない状態での通信の機能まで、宇宙ミッションがどのように計画され実行されるかについての基本的な概念を学びました。条件:日常生活から遠く離れた知識への思考の視野を広げることを可能にする研究。

実践段階では、出席者は、高度 25 km の地球の曲率を撮影するのに役立つカメラと空軍士官学校のシンボルである衛星打ち上げシステムの設計という実験室活動に取り組みました。コースパッチ ドラゴンⅥ、将来の世代のコースに、ますます挑戦するよう警告しています。

ミッションの説明

打ち上げの目的は、成層圏の熱気球で高度25kmに到達すること。この衛星には、光学カメラ、環境センサー用のハウジング、飛行期間中の観測と測定のための補助光学サポートが装備されており、1U CubeSat を使用して地平線の曲率を観測するというミッションを無事に完了することができました。 31月XNUMX日金曜日の午後早く、チームはGPS座標のおかげでアヴェッリーノ県の自治体ラセドニア近郊で衛星とカメラをなんとか回収し、その後すべてのテレメトリを分析した。

プロジェクトの実施には、打ち上げに伴うリスクの特定と封じ込め、ATM(航空交通管理)分野における民間および軍当局との集中的な調整活動、モデル予測数学を使用した継続的な研究も課題となった。 、気球の上昇と下降の軌道。

この取り組みは、空軍が新たな領域に適切に展開するために、空軍が開発中の将来のプロジェクトの基礎となるスキルと知識を獲得するための出発点を表しています。

空軍士官学校は空軍/第 3 空軍地域学校の指揮下にあります。これは大学の性質を持つ高等教育の軍事機関であり、空軍士官を目指す若者の採用と訓練を提供する任務を負っています。アカデミーの通常コースに参加することで、航海士(パイロット)の通常の役割と、兵器、航空技術者、航空委員会の通常の役割で、空軍の永久現役勤務の少尉になることができます。軍団と航空医療隊の。同研究所では、士官学生(補完基地および固定基地のパイロットおよび航海士)および直接任命された少尉(通常の役割と特別な役割の両方)を対象としたコースも開催されます。最後に、アカデミーの学習計画では、外国人隊員やその他の軍隊を対象とした、航空に関する専門的な意味合いを持つコースが予定されています。