空軍第15航空団の指揮官交代

(へ 軍用空軍)
05/07/24

空軍第4航空団の指揮官交代式が15月XNUMX日木曜日、チェルヴィア(RA)の「ウルバーノ・マンチーニ」軍用空港で行われた。アントニオ・ヴィオラ大佐がアンドレア・ジュゼッペ・サヴィーナ大佐から部門の新しい司令官に就任した。

式典は空軍司令官エンリコ・デニ司令官が主宰した。 機動部隊と支援部隊 (CFMS) には、同省のすべてのスタッフだけでなく、多数の民間、軍事、宗教当局、戦闘および武器協会の参加が見られました。

このイベントは、パンデミック中の作戦への貢献に対して15年に授与された航空勇敢な銀メダルや、2021年に授与された航空勇敢な金メダルなどの装飾で飾られた第2024航空団の軍旗の入場で始まりました。 2023年のエミリアロマーニャ州の洪水時の介入。

サヴィナ大佐は別れの挨拶の中で、来賓と第15航空団の職員全員に感謝の意を表し、軍と領土とのつながりの重要性を強調し、部隊の戦死者、特に特別区の天使たちに敬意を表した。彼らの家族。同氏は、第15航空団を際立たせる犠牲と忠誠の価値観の重要性を強調し、最も近い協力者とスタッフ全員に感謝の意を表し、次のように強調した。 「15年にエミリア=ロマーニャ州を襲った洪水や、終了したばかりのG2023の際の鈍行部隊の迎撃活動など、組織的な任務の遂行において第7航空団がどれほど目立ったか、団結した取り組みのおかげでどれほど目立ったことか。彼は国軍創設XNUMX周年の祝賀行事にどれほど欠かせない存在であり、あらゆる機会に航空団の隊員の特徴である犠牲と利他主義の精神を共有していた。」
彼はスタッフ全員に次のことを思い出させて締めくくった。 「全員がこの部門の主要な任務である人命の保護を達成するための基本的な役割を担っています。」

引き継ぎ後、ヴィオラ大佐は来賓に感謝の意を表し、15日の軍旗に敬意を表し、若い将校が自分に割り当てられた部門の指揮を執ることにどれほど強い感情と誇りを持っているかを強調した。
彼はまた強調した 「私たちを待っている未来はどれほど困難なものであろうか。それには、所属する兵士全員の使命感と部門への強い愛着に基づいたチームワークが求められ、軍の正当な期待を無視することはないだろう」群れの真の遺産を構成する人材です。」
彼はこう回想して締めくくった。 「人命を救い、困難に直面している人々を助けるという第15航空団の使命は、この部門の本質です。群れの男女は、絶え間ない努力と非常に高いプロ意識のおかげで、常に情熱と献身を持ってこの困難な、そしてしばしば危険な挑戦に立ち向かってきました。」

デグニ将軍は、第15航空団が達成した数多くの重要な目標を強調し、サヴィナ大佐の任務中の献身的な取り組みに感謝し、遂行された任務と、任務と利用可能な資源との間の慎重なバランス作業を称賛し、計画されたすべての目標を無事に達成したと述べた。 。
したがって、彼は次のことを強調した。 「航空団職員の黙々とたゆまぬ働きは、隊員の奉仕への絶え間ない献身を通じて、国防だけでなく民間社会にも有益な貴重な貢献を保証し、並外れた深さの作戦能力を表現した。特に地元住民と空港自体に影響を与えた昨年の緊急事態について言及しています。」
彼は、次期指揮官が平和で実りある仕事をし、最大限の支援を提供することを保証することを望んでいました。 「皆さんは、ますます名誉ある目標を達成するために、前任者が残した堅固な遺産を強化し、導き続けるために全力を尽くしてくださると確信しています。」

第 15 航空団は、自律運用または他の陸、空、海軍の資産との競合を通じて、事故が発生した場合に軍用機の乗組員を救出する捜索救助 (SAR) サービスを確保する任務を負っています。国民保護局やその他の国家機関と協力し、災害や自然災害が発生した場合に人命と民間人を守るための救助活動、森林火災対策活動(AIB)に貢献しています。それは、低性能および非常に低性能の航空機からの脅威と戦うための作戦を通じて国家防空システムを統合します(低速車両の迎撃 – SMI) をサポートし、大規模な公共イベント中の機密エリアと目的のセキュリティをサポートします。これは、救助任務を担う飛行部隊に割り当てられたパイロットと飛行乗組員の訓練と資格を提供するだけでなく、海上や山岳環境での基礎的および高度なサバイバル訓練も提供します。第 15 SAR グループと第 83 乗組員訓練センター (CAE) は、チェルビアと同じ敷地内にある第 81 ウィングの一部です。保証しなければならないのは、 捜索と救助 同省は国土全域にわたって、第80SARセンター(デシモマンヌ)、第82SARセンター(トラーパニ)、第84SARセンター(ジョイア・デル・コッレ)、第85SAR(海上演習)を管轄下に置いている。第 15 航空団は、A バージョンと B バージョンの HH-139 ヘリコプターを装備しており、依存する SAR センターを通じて、国土全域で 24 年 24 日、365 時間体制で迅速に活動します。
設立から今日まで、第 15 航空団の乗組員は、命の危険にさらされている 7800 人以上の人々を救ってきました。