労働組合は兵士の間でも暴力を生み出す(する)のでしょうか?

(へ アンドレア・クッコ)
07/07/24

1月5日と6日にフィアーノ・ロマーノのヒルトン・ホテルで開催された第XNUMX回AMUS航空学全国会議は、統一軍事同盟協会(AMUS)航空学協会が主催する重要なイベントでした。会議中、技術開発、絶えず進化する地政学的状況における現在の課題、航空分野の将来展望など、航空分野に関連するさまざまな話題が取り上げられました。

会議には、その分野の権威ある専門家、軍隊の代表者、学者らが参加し、研究や革新的なプロジェクトを発表した。エドモンド・シリエッリ、センへ。ガスパリとイアンノーネ。ローマ県LEGA第三セクター部門のマルコ・マンボル局長からローマ・カンピドリオや関連自治体の委員長まで、市民社会の代表も参加した。ハイライトの 1 つは、ますます複雑化する軍事情勢における防衛システムや人的資源管理の革新など、現代の課題に対処するために必要な新技術やアップグレードに関する議論でした。

しかし、関連するテーマは軍人の労働条件と権利の改善であり、特に法的および社会保障の保護に注意を払った。 AMUSは、軍人労働組合の設立というメモL.46/2022を制服を着た男性と女性の基本的なニーズに真に適切なものにすることにつながる具体的な取り組みを推進し、兵士とその家族の権利と利益の擁護を保証することの重要性を強調した。 。

6日目の「円卓会議」に物理的またはオンラインで出席した多くの人々の中には、マリオ・トロッコリ氏(AMUS国家書記でコミュニケーション責任者)、AMUS航空学事務総長のグイド・ボッタッキアーリ氏(全会一致でその役割を再確認)が司会を務めた。議会分野)、エリザベッタ・トレンタ教授(元国防大臣)、国防大臣顧問、元次官ドメニコ・ロッシ、行政大臣顧問エウジェニオ・ガロッツィ、UILPA事務局長サンドロ・コロンビ、下院の国防委員会のメンバー。元国防次官で上院国防委員会のメンバーでもあるアンドレア・デ・マリア上院議員。ステファニア・プチャレッリ氏、USIC書記長アントニオ・タラーロ氏、SIM副会長マリーナ・フランチェスコ・カカーチェ氏。他の軍の労働組合の代表者(この部門の主要な労働組合で構成されるよく知られた「軍用労働組合ネットワーク」のメンバー)が横断的に存在することは、プラスの要素であった。ロッシ議員が強調したように、 「全員に向けたコンセプトを表現する少数の人と話すことができることは、前向きで共通の目標を達成するための必須条件の 1 つです。」.

規則や規制を超えて、「軍事組合連合」(その名前で呼びましょう!)は役に立つでしょうか?現状の推移を待ちます。その間に私たちは、現在のような困難で複雑な歴史的瞬間において、促進される対話と議論のスキルがいかに必要な要素であるかを理解することができました。

最後の「ラウンドテーブル」の動画はこちら。