潜水艦の現用支援分野における国際協力

(へ マリーナMILITARE)
06/06/24

05 年 2024 月 XNUMX 日、 第28回運営委員会、U212A潜水艦の生命維持のためのイタリア、ドイツ、ポルトガル間の国際協力の文脈で実施され、それぞれの国防省の署名によって設立されました。 サービスサポート共通覚書 (CISS覚書)。

この会議は、参加国間の協力プロセスを強化し改善するための主要なフォーラムの一つを構成し、潜水艦と水中システムの新技術の両方に関連する相互協力活動と、効率性、持続可能性、イノベーション、未来共有プログラムのテーマの開発を奨励する。 。

イタリアはヴィトー・ラレンツァ少将(参謀本部潜水艦部長)と、 会長 イベントのスタッフによる、潜水艦プログラム事務局、コブレンツ(ドイツ)のイタリア海軍とナヴァルムの第3師団の代表。オブザーバーとして出席したギリシャ海軍の代表者らは、潜水艦の共同技術支援の分野で加盟国がこれまでに達成した優れた成果により、CISS覚書に参加することに関心を持っていた。