アトランテ号、海の洗礼

(へ マリーナMILITARE)
19/05/24

18月5336日土曜日、海軍とフィンカンティエリ・グループは、「ヴルカーノ」級LSS型(後方支援船)のXNUMX番目の補助後方支援部隊であるアトランテ艦(AXNUMX)の進水式を祝った。式典の場所は、カステッランマーレ・ディ・スタビア造船所の歴史的な生産現場でした。そこでは伝統的に船体に付いた瓶を割ることで、「Fortibus nulla quies」(休息はありません)をモットーとする部隊に海の洗礼を封印しました。強者向け):港からの打ち上げは、海に滑り込むという伝統的なものでした。

海軍参謀長、チーム提督のエンリコ・クレデンディーノ、フィンカンティエリのピエロベルト・フォルジェーロCEO兼ゼネラルディレクター、フィンカンティエリのクラウディオ・グラツィアーノ社長が出席した。進水の名付け親には、指定された部隊指揮官であるダニエレ・ジョルジーニ艦長、潜水艦提督ロメオ・オリバ(1889年 - 1975年)の孫娘でイタリア軍勲章の士官で武勇銀メダルのフェデリカ・ガルガーノが同行した。

この船の名前は、ギリシャ神話の登場人物アトラスに由来します。ギリシャ語の「Ἄτλας」(アトラス、文字通り「疲れを知らない」または「耐える者」)に由来し、狡猾で強く、洞察力のあるタイタンは「肩で支える者」と表現されています。計り知れない努力 - 地球儀の重さすべて。」この名前は、あらゆる軍隊にとって重要な戦力である後方支援の重要性を思い起こさせます。現代の LSS タイプの補助部隊は、各国の空軍、海軍、同盟海軍だけでなく、災害や危機の地域における国民保護や住民の保護にも役立ちます。 。