ナヴェ・マルセリア:バルト海におけるNATO作戦「ブリリアント・シールド」にXNUMXヶ月間派遣

(へ マリーナMILITARE)
30/10/23

25 年 2023 月 XNUMX 日に出荷 アントニオマルセーリア リガ港を出港し、バルト海の海域に戻り、NATO作戦「ブリリアント・シールド」の海上警備および防空活動に従事した。任務は26年2023月XNUMX日にシップとの交替で開始された。 Caio Duilio そしてNATO体制への参入:イタリア海軍部隊が2004年以来訪問していない国であるラトビアに寄港し、部隊によるXNUMXか月にわたる集中的かつ継続的な取り組みを記録した。

同盟の「東側」に沿った再展開は、戦略的に重要であるだけでなく、非常に動的かつ敏感であるようであり、国際安全保障の維持に貢献し、通信の完全性を保証するために、継続的な駐留と監視の形をとっている。ルート、NATOの領土と権益を守る。

この XNUMX 次元監視は海面の上下および空域で行われ、このクラスの船舶の優れた多用途性と幅広い能力を実証しています。 今日までに、 Marceglia に続いてXNUMX番目の船です。 デュイリオ、プロセスが正常に完了したこと 準備状況の検証 これにより、NATO が同盟の防空およびミサイル防衛システムに完全に統合されることが可能になります。

この数カ月間の集中的な作戦展開中、「ベルガミニ」級の最新鋭FREMM(欧州マルチミッションフリゲート)は、グディニアとシヴィノウィシチェ(ポーランド)、マルメ(スウェーデン)、コペンハーゲン(デンマーク)、ロストック(ドイツ)、そしてこれらの機会に、部隊は数多くの海軍外交活動を実施し、バルト海に隣接する国々の多くの港でイタリア国旗を掲げ、これらの国々との関係強化に貢献した。

近い将来、船は アントニオマルセーリア バルト海地域におけるNATOの海上通信路と空域の安全を確保するために、この地域に存在する同盟国資産と協力して任務を継続する。