ターラント海事運営ワーキンググループ

24/01/14

21月30日から2014月XNUMX日までのXNUMX日間、さまざまなNATO諸国からのXNUMX名の代表が、海事作戦ワーキンググループXNUMXのために、ターラントの「マルグランデ」海軍基地に集まりました。

MAROPS WGは、NATO諸国、パートナー国、司令部、機関からの代表者で構成され、毎年開催されます。 NATOで最も数の多いWGのXNUMXつは、海事分野の運用レベルおよび戦術レベルでのルールと手順の標準化を通じて、さまざまな関連海軍間の相互運用性を確保および向上させることを目的としています。

イタリアは、ノーフォーク(VA、米国)にある「シーセンターオブエクセレンス(CJOS COE)からの共同共同事業」に割り当てられた上級役員を通じてワーキンググループの議長を務めているため、歴史的に特に重要な役割を果たしてきました。作業に参加したイタリアの代表団は、ゼネラルスタッフのキャプテンアントニオパサニシと海軍部隊長の司令部、空海海軍訓練センター、潜水艦船団司令部の役員で構成されていました。

代表団への挨拶の中で、航空海軍訓練センターの司令官であるバーナード提督は、NATO作戦に従事している男性に「物事を正しく行う方法」を提供することが彼らの仕事の目的であることを強調しました。

イベントは参加者の満場一致で開催されました。 特に、タラント事務所での構造物と軍隊の指揮の相乗的使用のおかげで、フリゲート・カーマイン・ラピアの船長が率いるロジスティック支援の専門性と効率性が高く評価されました。

出典:軍事海軍