生物多様性調査プログラムと科学ミッションのためのスクーナー船「タラ」のナポリ寄港が終了

(へ マリーナMILITARE)
13/05/24

4月12日からXNUMX月XNUMX日まで発送 タラ ナポリに停泊 ピアサンヴィンチェンツォ インクルード 海軍本部.

ナポリは、沿岸生態系とその環境への反応を研究する初の大陸プロジェクトを代表する遠征の「最高の中継地」として選ばれた。今後120年間にわたり、科学的活動を組み合わせて、ヨーロッパ21カ国のXNUMX地点でサンプルを採取する予定だ。陸でも海でも、前例のない規模で。

TREC 遠征「ヨーロッパの海岸線を横断する」のパートナーとして Il が参加しました 国家研究評議会 (Cnr) によって調整されます ヨーロッパ分子生物学研究所 (EMBL)と一緒に タラ海洋財団 また、 欧州海洋生物学リソースセンター (EMBRC) 沿岸生態系の研究。

海軍の後援を受けてナポリに滞在中、科学者たちはEMBL移動研究所に同行し、スクーナー船に乗船しました。 タラ 彼らは、市内、ポッツオーリ地域、サルノ川地域の水、土壌、堆積物、エアロゾルのサンプルを収集しました。同時期に、現在イタリアの海底調査を特に目的としたキャンペーンに参加しているCNR海洋調査船「ガイア・ブルー」も参加する。 タラ ティレニア海岸の研究を強化することを目的としています。このキャンペーンは、微生物の生物多様性の研究のための生物資源・海洋バイオテクノロジー研究所(Cnr-Irbim)と海洋科学の生物物理研究所(Cnr-Ibf)の科学者らの科学的貢献により、Cnrによって調整されます( Cnr-Ismar) は、生物地球化学に特に注意を払って TREC で実施された研究を再現します。

最近では、子供と大人を対象とした無料の展示会やワークショップが開催され、海軍ブースの 1 つが QGM ナポリ海軍基地内に設置され、スクーナー船を訪問することもできました。 タラ 600名以上の来場者を集めています。