ポーランド:空軍機動部隊第4航空団がNATO演習「ネプチューン・ストライク」に参加

(へ より大きな防衛)
23/05/24

La タスクフォースエア4th フィンランド、ドイツ、ポーランド、ポルトガル、スペインの航空・陸上部隊とともに、バルト海や東ヨーロッパでの共同訓練活動に参加している。

イタリアのユーロファイター航空機 機動部隊航空第4航空団NATO空域の保全と安全を確保することを目的とした「強化航空警備」(En-AP)作戦の一環としてポーランドのマルボルクに配備され、26月10日からXNUMX日まで開催されたNATO演習「ネプチューンストライク」に参加した。 XNUMX月。

この演習により、共同作戦をより効果的に行うことを目的として、監視活動の強化、同盟諸国の軍隊間の協力と相互運用性の強化が可能となった。

ネプチューンストライク中、共同訓練(ミッション)を通じて相互運用性と標準化を高めるために、海軍および陸上資産との航空協力ミッションが実施されました。 対地戦争 - ASuW、海軍防衛活動、任務 近接航空支援 - CAS、資格のある要員を通じて地上部隊に支援を提供します)。

La ネプチューン ストライク したがって、NATOにとって、加盟国が最高レベルの即応性を維持し、同盟領域の防衛を目的として協力できるようにするための、困難な状況において、NATOにとって優れた訓練の機会となった。