テニス: ローマ国際大会における空軍の天気予報

(へ 軍用空軍)
06/05/24

6 月 19 日から XNUMX 日まで、ローマのフォロ イタリコで開催されるインテルナツィオナーリ BNL ディターリアの機会に、空軍はテニス トーナメントの期間中ずっとリアルタイムの天気予報を保証します。

気象レーダーが現場に設置されているため、 移動気象ユニット – UMM と 3 つの戦術気象観測所 – TACMET、予報官と専門家のチーム 気象局 Re.SIA の技術者がサポートする国軍 – 自動情報システム部門 ローマ・アクアサンタとボルゴ・ピアーヴェの防空・飛行支援のための第4通信・システム旅団(LT)は、トーナメントの運営、各種競技セッションの組織化、試合の開始または再開に必要な貢献を保証する。中断があった場合。

イタリアのスポーツ発展に取り組む国営企業であるSport e Saluteと空軍との協定のおかげで、フォロ・イタリコのさまざまな地点に設置された特定のセンサーによって提供される大気値の研究と測定を通じて、したがって、必要に応じて 1 日に数回でも天気予報を発行するために必要なデータが提供され、専門家だけでなくプレーヤー自身も利用でき、風の強さや方向などのより具体的な情報にアクセスできるようになります。 、湿度と圧力。

国軍気象局の専門家チームは、今回のために、トーナメント運営をサポートするために、空間解像度 500 m で実験的な性質を持つ予測ツールを開発しました。さらに、AM予報担当者がフォロ・イタリコに出席し、気象学的に危機的な状況における管理上の選択を促進します。同時に、トーナメント情報プラットフォーム(ウェブサイト、アプリ、フォロ・イタリコの情報パネル)は一般公開され、すべてのユーザーが利用できるようになります。フォロ・イタリコの美しさを楽しむために、AMスタッフが作成した気象情報が統合されています。イベントを開催し、気象状況について常に情報を得ることができます。