45年前、ボートピープルの救出活動が始まった

(へ マリーナMILITARE)
04/07/24

ちょうど 4 年前の 1979 年 45 月 XNUMX 日、巡洋艦は出発しました。 ヴィットリオ・ヴェネト e アンドレアドリア そしてサプライヤー ストロンボリ島、第8海軍集団を構成し、師団提督セルジオ・アゴスティネッリの指揮下にあった。

海軍グループは東南アジアの海岸、ベトナム沖に向かった。その目的は人命、つまりサイゴン政府崩壊後、ハノイの共産党政府による迫害を避けて海路で避難してきたベトナム難民の命を救うことであった。女性、子供、高齢者、男性など、近隣諸国から排斥され、南シナ海の波に翻弄されて不安定な船にしがみついているこれらの人々は、「ボートピープル」として歴史に名を残している。

この任務は21年1979月8日に終了し、第2640海軍集団はイタリアに帰還した。作戦中、船は250マイルを航行し、907万平方キロメートルを探索した。 XNUMX人の難民が救出されたが、大半は栄養失調、脱水症状、その他の病状に苦しんでいた。

45 年後、海軍は、ジャーナリストのヴィンチェンツォ グリエンティによる著書『ミッション ボート ピープル』を発表しました。この本は、海軍のアーカイブに保管されている文書、報告書、写真、証言を通じて収集されました。歴史的なオフィス 海軍の資料と、人道支援活動に参加した主人公たちの個人アーカイブの中で、極東における第 8 海軍集団の活動、第二次世界大戦後初めての地中海盆地外への展開、つまり出発を再現しています。航行、予期せぬ出来事、ヘリコプターの重要な助けを借りた捜索救助、ベトナム難民の「灰色の船」での救助と受け入れ、そして最後にXNUMX隻の船のヴェネツィアへの帰還までを含む。

「この本で回想される歴史的出来事は、我が国の自然の海洋性向の中で何が現在であり、何が不変であるかを示しています」 –海軍参謀長エンリコ・クレデンディーノチーム提督はこの本の序文でこう書いている。 より最近のことですが、2010 年のハイチ地震の生存者を救助するために就役したばかりのカヴール空母のことを考えてください。 2023年の激しい洪水の後、デルナの住民を助けるために介入した水陸両用部隊に対して。ナベ・ヴルカーノは、その高度な物流能力と医療能力を利用して、現在も続いているハマスに対するイスラエルの恐ろしい戦争の犠牲者を支援するため、アル・アリシュで効果的に活動した。」.

『ミッション・ボート・ピープル』という本では、古代の海事の伝統から生まれた柔軟性、訓練、専門的なスキル、経験だけでなく、女性や子供を含むほぼ千人を救った士官、下士官、船員の人間性も明らかにされています。 、高齢者と「ボートピープル」の男性は、イタリアでの尊厳のある生活と異なる未来を与えます。 1979 年にこの作戦は、国防省と海軍を通じて政府と教会によって支援され、海軍部隊への支援において最前線のイタリア外交ネットワークの多大な支援を受けました。

任務終了後の1979年XNUMX月末、乗組員はサンドロ・ペルティーニ共和国大統領から賞賛を受け、バチカンで行われた重要な人道的活動に対する感謝のしるしとしてヨハネ・パウロXNUMX世からバチカンに迎えられた。南シナ海の海域。