202番目の「名誉」コースに割り当てられた武器の専門分野

(へ 陸軍の一般スタッフ)
06/06/24

アット 名誉の中庭 のコマンドの トレーニングおよびアプリケーションスクール 陸軍では、第 202 回「名誉」コースのさまざまな武器に参加する XNUMX 人の士官に専門分野の割り当てが行われました。陸軍軍団訓練所長ステファノ・マンニーノ将軍は、次のように強調した。 「帰属意識の新たな特徴を持って、全員が軍と国の利益という最終目標に向けて、新たな決意をもって伝統と名誉を称賛し守るという新たな責任を引き受ける。」

続いて、第201「例」コースの「先輩」たちは、第202コースの少尉に、全軍種のヘッドギアと特技バッジを手渡した。式典の最後に、兵器・軍団・専門分野の部長らが第202回コースに参加した若手士官らと対話し、それぞれの専門分野の統合された歴史的伝統を思い出させ、感動と将来への貴重なアドバイスを伝えた。国家への奉仕として。

最後に、コース部門の指揮官であるマルチェロ・オルシ師団長と指揮陣は、第 202 コースの士官たちの幸運と、報酬に満ちた輝かしい未来を祈った。