軍事地理研究所 (IGM) に付与された研究所の旗

(へ 起草)
21/06/24

歴史ある本社にて軍事地理学研究所 (IGM)、軍事地理研究所への「研究所旗」の引き渡し式が厳粛に行われた。

この旗は、21/02/24 日付の共和国大統領令によって付与されました (02/04/24 の官報) 「公式国家地図製作の分野で、地域社会にとって極めて重要な役割を果たし、達成された優れた成果が評価されたものです。」

このイベントには国防次官のイザベラ・ラウティ上院議員と陸軍参謀長のカルミネ・マシエロ陸軍軍団大将が出席した。式典にはトスカーナ州のエウジェニオ・ジャンニ大統領、フィレンツェのフランチェスカ・フェランディーノ知事、フィレンツェのアレッシア・ベッティーニ副市長らが出席した関係者らの中にいた。

ゴッドマザーであるマリア・ジュスティーナ・リ・ゴッビ博士の立会いのもと、軍牧師ドン・アントニオ・ディ・サヴィーノによる祝福の後、国旗は陸軍司令官マッシモ・パニッツィ陸軍大将に手渡された。軍事地理学研究所 これは、トリコローレの前で宣誓をするよう民間人や軍関係者に呼びかけたもので、これは作戦組織および国家地図作成機関内で活動するイタリア陸軍機関である IGM への旗の割り当てを正式に認可する措置であった。

イザベラ・ラウティ上院議員はこの出来事について次のように強調した。 「これは、伝統的なものから最も近代的で技術的に洗練されたものまで、151年以上にわたりそのすべての構成要素において地理情報の分野で活動してきたイタリア陸軍省の価値を認める厳粛な行為である。」

陸軍軍団のマシエロ将軍は、研究所の文民および軍関係者に向けて次のように述べた。 「国旗は団結と研究所への帰属の象徴となり、その最高の価値観と最も純粋な原則を体現するものとなり、軍の豊富な技術と経験とともに私たちの未来の根源となります。私たちの使命は – 陸軍参謀長はこう結論付けた – 軍務に就くという義務とは、生涯を通じて私たちに伴い、私たちのあらゆる選択を条件づけるものであると同時に、私たちのすべての力を表すものである。陸軍の強さは、誰一人取り残さない家族であることである。」

「この布は – 将軍を特定した。 ca パニッツィ – それは祖国の考えと、機関やコミュニティに奉仕するという私たちの設立原則を包含しています。それは私たちの行動の羅針盤であり、その価値は最初に心を通過しない限り目には見えません。共和国大統領は、私たちの研究所の約 152 年の歴史を築いてきたすべての人々を理想的に団結させる基本的なシンボルを私たちに託しました。今日の宣誓は、先人たちから私たちに受け継がれてきた帰属意識を強化するものであり、ヒューマニズムによって伝えられた価値観の継承者であるフィレンツェの証人、市民、当局に対する責任を引き受けることです。今日の出来事は、私たちをより良くするよう後押ししてくれるに違いありません。なぜなら、この出来事によって私たちは歴史と先人たち、つまり私たちが深い感謝の念を抱いている人々の物語の管理者となるからです。」.