フォッジャでの軍需品の撤去

(へ 陸軍の一般スタッフ)
04/06/24

陸軍第 11 工兵連隊の爆弾処理班が、第二次世界大戦に遡る航空機爆弾を解除した。戦争残存物は重さ約250kg、中には100kg以上が入っていた。市内中心部の通りの建設現場で爆発物が発見された。

フォッジャ県が調整したこの作戦では、爆弾発見地点から半径約430メートル以内の住民8000人以上が避難した。その後、陸軍爆弾処理班が爆弾の作動装置を解体し、一度無害化された爆弾は爆破のために採石場に運ばれた。

最近、介入の前段階として、解除作業のデリケートな段階で起こり得る偶発的な爆発による影響を軽減できる封じ込め構造が作成されました。

2023 年、工兵連隊の爆弾処理班は、国土全体で 2.356 回の介入を実施し、世界紛争にさかのぼる 12.666 個の航空機爆弾を含む 21 個の戦争残存物を無力化しました。