ブルガリア:多国籍戦闘グループのためのCBRN訓練

(へ 陸軍の一般スタッフ)
03/07/24

ブルガリアに展開するNATO多国籍戦闘群の訓練活動の一環として、CBRN(化学、生物、放射線、核)コンポーネントの専門部隊が、汚染された環境での作戦能力の維持と向上を目的とした訓練セッションを実施した。

この活動はチュブラ(ブルガリア)の訓練場で行われ、訓練内で活動するイタリア人とモンテネグロ人員を含む、異なる国籍の部隊間の統合と連携を高めることを目的とした。 バトルグループ そしてブルガリア部隊。

特に、この演習は、「汚れた」地域への介入後の除染段階に特に注意を払い、供給された器具や機器に関する技術と手順を共有することが特徴でした。

上述のような共同活動は、両国の多国籍構成要素間の統合の発展に貢献します。 バトルグループしたがって、すべての構造は、現在のシナリオを特徴づけているような、多様化してますます複雑化する状況において完全に相互運用できるようになります。

MNBG BGR部隊が頻繁に実施するさまざまな訓練活動の目的は、ブルガリア国防軍とも緊密に連携しながら、NATOの手順と供給された装備の使用においてこれまでに達成された高レベルの標準化と統合を常に維持することである。

この訓練活動では、このアプローチにより、同盟が主催国の軍隊と完全に連携して、必要な場合に即座に介入できる効果的な軍事手段の利用可能性がどのように保証されるかが強調されました。