「サラマンドラ2024」閉幕

(へ 陸軍の一般スタッフ)
05/07/24

南部作戦軍の苗木工兵部門の能力を向上させ、戦闘の状況における戦術的機動性、対抗機動性、情報収集活動を実施するために、夜間やボートの使用を通じてでも共同かつ標準化された方法で活動できるようにする。そして複数の武器:これが「サラマンドラ2024」演習の目的です。

「サッサリ」旅団の第5工兵工兵連隊が企画・実施したこの活動には、「アオスタ」旅団の第4連隊、「ピネロロ」旅団の第11連隊、「ピネロロ」旅団の第21連隊の工兵チームが参加した。 「ガリバルディ」、第152「サッサリ」歩兵連隊の412つのライフル分隊、および陸軍航空の第21「シリオ」連隊の第2「オルサ・マッジョーレ」常設分遣隊のHH-XNUMXAヘリコプター。

この演習は、景観保護と歴史的・文化的価値のある資産の制約に従って組織され、ヨーロッパ最大の人工盆地であるオモデオ湖の水域で行われた。第 1 段階では、要員は船舶上の河川環境で活動する訓練を受け、第 2 段階では、技術者は地雷原を強行する戦術活動、川岸の技術的偵察、戦術的航行、解体突撃の位置決めに懸垂下降技術を利用する。