トラキアの戦士 24 演習

(へ 陸軍の一般スタッフ)
18/06/24

コレン訓練場とノボ・セロ訓練場で同時に実施された。 トラキアの戦士 24、NATOの承認を得て認可された演習 連合軍陸上司令部 イズミル(トルコ)の、前線陸上部隊とブルガリア国土安全保障軍の多国籍部隊間の完全な統合と相互運用性の達成。

コレン演習場には、ブルガリア国防副大臣ラドスティン・イリエフ、ブルガリア国防軍副参謀長ミハイル・ポポフ、陸上作戦軍司令官、ガエタノ・ザウナー陸軍軍団長、陸軍副司令官が出席していた。連合軍陸上司令部 陸軍軍団将軍ニコラ・ザネリ。

の達成を決定した演習 フル稼働能力 (FOC)、に属する同盟ユニットの訓練サイクルを終了する 多国籍戦闘集団 東側の領土の抑止と防衛を目的とした。

これに関与して、地上に配備された戦闘部隊および戦闘支援部隊は、高強度の従来型戦闘シナリオで、起こり得る敵対勢力に対する防御作戦を実施します。

アラ トラキアの戦士 この訓練は、27月4日から750月130日までの期間、ノボ・セロとコレンの訓練場で数日間同時に行われ、約XNUMX人の兵士が戦闘グループに所属するさまざまなNATO資産からXNUMX台以上の車両と戦闘プラットフォームを配備して参加した。イタリアの指導の下、状況に応じてブルガリア国防軍と緊密に連携して行動できることを実証した。 諸兵科連合.

「これらの共同演習の実施は、多国籍戦闘グループに属する部隊とブルガリア国防軍の結束と統合を確認できるため、基本的に重要である。これらの活動を実施することで、同盟が要求する基準を達成することができます。」と訓練活動の終わりにマリアーノ・R・スカンドゥッラ大佐はこう結論づけた。

NATOの東側でイタリア軍が実施する作戦は国防参謀長によって手配され、統合統合作戦司令部(COVI)の調整と指示の下にある。