ボルツァーノの陸軍参謀総長

(へ 陸軍の一般スタッフ)
06/06/24

今朝ボルツァーノで陸軍参謀長のカルミネ・マシエロ陸軍軍団大将が、アルペン軍司令部副司令官アントネッロ・ヴェスパツィアーニ陸軍軍団大将から最高司令部の主な活動について最新情報を入手した。

特に、ブリーフィングでは、山岳地帯での戦闘に向けて、アルプス部隊が個人および集団レベルで特定のスキルを開発するための特定の訓練サイクルについて詳しく検討されました。

さらに、陸上軍事手段の前衛として大規模な戦闘部隊を備えた北極環境での作戦能力を実装するプロセスに関する最新技術が陸軍参謀長に提示された。

最新情報は、現在および将来の国境外での作戦任務に関する計画、ならびに戦争から領土を取り戻すための「ストラーデ・シキュレ」作戦の一環としての国内での特定の作戦および活動に関する計画の状況を続けた。残りは、スキー場や公共災害時に提供される競技会での救助のために「メテオモント」サービスを支持しました。

アルプス軍司令部のスタッフとの会談で、大将はこう語った。 ca マシエロ氏は、数多くの組織的任務に対する情熱と高度に専門的かつ意識的な行動を伴う自身の取り組みを強調しました。 「私たちはトレーニングと価値観の家にいます - 彼は正確に言いました -、 それが陸軍家族の特徴であり、誰も取り残されず、誰も孤独を感じるべきではありません。戦闘や山岳地帯での戦闘の訓練はあなたの中心業務であり、あらゆる機会や状況でそれを行う方法を見つけることが不可欠です。」

具体的には、陸軍参謀長は「パンと訓練」という表現を用いて兵士の人生の本質を具体的に翻訳した。 「私たちの使命は、共和国と自由機関を守る準備を全力で行うことです」 – 将軍は続けた。カ・マシエロ –。 私たちは模範を示し、犠牲を払い、誓いへの忠実さという最も純粋な原則を実践する必要があります。言葉は必要ありません。善意だけでは十分ではありません。テクノロジーは私たちのこの強みのかけがえのない倍増力となり、国が緊急事態を迎えたとき、そして現在のような複雑な瞬間において私たちをユニークなものにするでしょう。」とEMS責任者は結論づけた。

アルト アディジェへの訪問は、サン カンディドのカントーレ兵舎複合施設に続きました。この兵舎は、ボルツァーノ自治州との有益な協力の一環として現在改修工事中です。