悪天候:陸軍はベネトとラツィオで活動を続けている

06/02/14

モデナ県は、気象条件の改善に照らして、今日から、ボンポルトの自治体に配備されている部隊と軍の手段を完全に撤退させることが可能になると伝えています。

陸軍は昨年19月XNUMX日の緊急事態の最初の数時間からモデナ州に介入し、堤防の強化工事を実施すると同時に、避難民をその機会に設置された建造物に輸送し、部門の水ユニットも利用しました。天才の。

その代わり、悪天候の異常な波の影響を受けた自治体では、ベネトとラツィオで陸軍の介入が続いています。

ヴェネトでは、ベッルーノとトレヴィーゾの首長の要請で軍が介入した。 ベッルーノ地区には約140人の男性がおり、BV-41追跡車両や土木機械を含む206台の車両で、Cencenighe Agordino、Santo Stefano di Cadore、Pieve di Cadoreの各自治体で、道路網の復旧と大量の雪の除去に取り組んでいます。 、Falcade、Valle di Cadore、Arabba、Borca di Cadore、Rocca Pietore、Forno di Zoldo、San Pietro di Cadore、San Vito di Cadore、Sappada、Cortinad'Ampezzo。 特にコルティナでは、公共の建物の屋根からXNUMXメートル以上の積雪をできるだけ早く取り除くことを目的とした屋根ふき作業に携わる陸軍ロッククライマーもいます。

今朝、フランシスコ会の兄弟の勧めでコルティナ教会の前の雪が取り除かれている間、アルピニは障害のある女性の家へのアクセスを解放しました。 陸軍の職員は、家の屋根の梁が故障する可能性を確認した後、白い十字架の救急車に適切に乗った障害のある女性を救助し、必要な治療のために病院に運ばれました。 その間、消防士も前述の家を確保するために呼び出されました。

トレビソ地域では、モッタディリベンザの自治体で、175人以上の男性、特殊なエンジニアリング車両、脱水ポンプ、合計35台の陸軍車両が、堤防の監視と強化、排水、破片の除去に引き続き取り組んでいます。 、Meduna diLivenzaおよびPreganziol。 

ラツィオでは、フィウミチーノ市長の要請により、知事は明日の午後19時までその地域での軍の雇用の延長を承認した。 陸軍は地方自治体と協力して、フィウミチーノ市に140人の男性、特殊なエンジニアリング車両、脱水ポンプを備え、合計38台の車両を配置しています。 フィウミチーノには、基本的なヘルスケアを提供し、住民の健康ニーズを収集し、市の薬局の支援のおかげで必要な薬を提供し、提供することを任務とする医療官と看護師からなる医療ユニットもあります寝たきりの患者に酸素療法を提供する。 

陸軍要員と車両は、都道府県からの要請に基づいて、引き続き人口を支援するために活動します。

出典:陸軍総局長-広報通信局-Sz。 PI