悪天候:陸軍によるフィウミチーノへの取り組みは、ベネトに留まる間に終了する

07/02/14

フィウミチーノでの緊急事態の終わりに、今日19.00から、陸軍はその資産のほとんどすべてをラツィオ市から撤退させます。 フィールドには、ローマの第6天才連隊のチームが残り、2台のウォーターポンプがまだ水で侵略されている家を解放する手助けをします。

フィウミチーノでは、2月20000日の夕方から始まる緊急時に、陸軍の天才ユニットが地上で1300個のバッグを使用し、ウォータースクーターと土木機械を使用して合計1000労働時間、2800食とXNUMXルートに分配しました。キロメートル。

ベルノ州での陸軍の関与は、少なくとも水曜日まで続きます。そこでは、雪崩の危険は、ボルツァーノの高山軍司令部が国有林業隊と気象庁と共同で作成した全国広報で報告されたままです。空軍。

州は実際に、140人の男性と40台の車両が関与することを要求し、XNUMX月XNUMX日から、特に上部カドーレの最も孤立した村で、道路や屋根から雪を取り除くための道路の復旧のための住民への支援活動を継続する公共の建物や学校の。

出所:陸軍参謀総長-広報・広報室-Sz。 PI