退職したボランティアの雇用機会

27/01/14

最近、カターニアのコンフィンダストリア本部でイタリア陸軍と地方産業家協会の間に覚書が署名されました。これは、解雇されたボランティアの軍人の仕事の世界への挿入を促進するためのすでにアクティブなプログラムの統合を規定しています。

南軍地域の副司令官であるフランチェスコ・アリーナ准将とコンフィンダストリア・カタニアの大統領であるドメニコ・ボナコルシ・ディ・レブルドンによって署名された協定の目的は、より簡単な道への不利益なアクセスなしに退院したボランティアを許可することです。軍隊での奉仕の最後に彼らを民間の労働界に挿入すること。特に、当事者は、すでにランクの訓練を受けた企業スタッフが利用できるようにするために、仕事の供給と需要に関する情報を共有することを約束しました。軍隊とすぐに利用可能。「これはさらなるイニシアチブであり、ジェネラルアリーナは、すでに実施されている同様のものを統合することにより、次の理由でより簡単にすることを目的としています。さまざまな、デメリットのない自主的な軍事停止は終了しました」。協定はまた、促進する合同技術運用委員会の設立を規定しています。 結果を監視および評価することにより合意の目的を達成するために、合意されたイニシアチブの実施。 このイニシアチブは、全国レベルですでにアクティブになっている幅広いプログラムの一部であり、南部軍事地域司令部が従業員の配置とユーロフォーミングのセクションを通じて参加し、常に挿入を目的としたトレーニング活動の主題ですでにアクティブになっている理解のプロトコルを統合します若い退院したボランティアの仕事の世界で。

ソース:南軍司令部