欧州連合はウクライナでの戦争を煽り続けている

(へ ティチアーノ・Ciocchetti)
01 / 09 / 22

外務・安全保障政策連合のジョセップ・ボレル上級代表は最近、30月XNUMX日にプラハで開催された欧州連合加盟XNUMXカ国の国防相が、将来の欧州支援と訓練ミッションの可能性について話し合ったと発表した。マリ、中央アフリカ共和国、またはモザンビークでこれまでに実施されたものをモデルに、ウクライナ軍の利益のために。

したがって、上記のアフリカでの任務のモデルに頼る場合、連合の加盟国は兵士をウクライナの領土に派遣する必要があります(「ホスト」国、おそらくスロバキアを特定するという仮説も提起されました)。のタスクを実行する メンタリング.

ヨーロッパの軍事装備の供給は減少しています。 ドイツ自体が、ウクライナに送る在庫がもうないことを明らかにしました。 では、訓練段階に移りたいと思います。つまり、若いウクライナ人を訓練して、ドンバスの肉挽き機に送られるようにすることです。

この点に関して、22 月 XNUMX 日の記者会見で、ボレルは次のように述べています。 「長く続くように思われる戦争には、装備の供給だけでなく、軍隊の組織への訓練と支援の面でも努力が必要です。」. 結局、ウクライナはそれを手に入れました status 23月24日からXNUMX日まで開催された欧州理事会での欧州連合への加盟候補。

しかし、一部の加盟国は、このイニシアチブに対する懐疑論を隠していません。 「これが支援の正しい方法であるかどうかは、まだ分からない。 私はちょっと確信が持てません。 おそらくこれは、連合の調整の下で、二国間レベルでより迅速かつより柔軟に行うことができます。」とルクセンブルグの国防相フランソワ・バウシュは述べた。

他の懸念は、オーストリアのカウンターパートであるクラウディア・タナーによって表明されました。

いずれにせよ、このイニシアチブを実現するには、XNUMX か国レベルでの合意が必要です。実際、現時点では、EU 国防相からの非公式の「青信号」しか出ていません。

イタリアの場合、大臣として不思議に思う 辞職した ゲリーニがそのような条項に(非公式ではあるが)どのように同意できるか.

また、ボレルによれば、EU​​TM (欧州連合訓練ミッション) モデルに基づくこの新しいミッションの目的は、 「大きな課題に直面しているウクライナ軍の機能を改善する」.

ウクライナ人のような戦争の舞台で、そのような任務を組織することは確かに容易ではありません(フランス軍の大臣は、彼の国が利用可能であることをすでに伝えています). さらに、モダリティ(マンデート、資金調達、目的、法的側面)を定義するだけでなく、人員と能力の両方の観点から加盟国の貢献を決定できるようにする「力の生成者」を特定する必要があります。

フレーム:Twitter

ラインメタルディフェンス