ドンバスでの攻撃が続く中、別のロシア大隊を一掃した

(へ デビッドロッシ)
22 / 05 / 22

伝えられるところによると、大隊レベルの戦術グループ(BTG)は、シヴェルスキードネツ川での(さらに別の)ウクライナの待ち伏せによって、今回はコースのより広い範囲で、セレブリャンカの村の近くで一掃されました。 BTGには、将校、下士官、兵士を含む600人から1.000人の戦闘機がいることを思い出してください。

その間、戦いはバクムット周辺で燃え上がり、ロシア人はポパスナから北と西に押すためにより多くのBTGを採用することによって圧力を高めました。 

最後に、セベロドネツクへの大規模な攻撃を考慮して、ロシア人はセベロドネツクとリシチャンシクの間の道路橋を攻撃しました。

ウクライナの司令部は、包囲を回避するために退却する場合に備えて、別の脱出ルートがあると述べています。 橋は修理されません。