「アクイレイア」旅団を再構成

10 / 06 / 22

ウクライナでの戦争は、ドローンの奉献を戦場での基本的かつ不可欠な兵器システムと見なしていました。 米国がベトナム戦争ですでに長距離偵察に使用したドローンや無人航空機は、当時知られていましたが、1982年のイスラエル側の戦場でのレバノン戦争中に戦術分野でも初めて広く使用されました。監視、標的獲得および電子戦。 ナゴルノ・カラバフ(そしてシリアとリビアではさらに早い時期)での最近の紛争では、キラードローンや徘徊弾薬も出現し、その大規模な展開がアゼルバイジャンの勝利に決定的でした。

イタリア陸軍は、XNUMX年代に「アクイレイア」ミサイル旅団ですでに使用されていたため、ドローンを使用するという特定の伝統を誇っています。 カナディアCL-89 事前にプログラムされた固定飛行経路と100kmを超える範囲での写真偵察による。 現在、ドローンのコンポーネントは、放送兵器の戦術情報旅団に集中しています。

ウクライナでの紛争の経験に基づいて、各機動連隊(歩兵と騎兵)は、近距離探査用のリンス装甲車両と標的の観測と獲得用の短距離ドローンを装備した偵察小隊を持っている必要があります。 旅団レベルでは、中距離ドローンと155砲兵連隊と一緒に運用できるキラードローンを装備した連隊を、必要に応じて砲兵連隊を操縦するための直接または分散型の支援として設定する必要があります。 師団/軍団レベルには、遠距離のターゲットを見つけて攻撃するための一般的な火力支援を目的とした大型の基本砲兵ユニットが必要です。 この大型ユニットは、冷戦時代の第3「アクイレイア」ミサイル旅団の編成に続く必要があります。

核弾薬を優先的に使用するために設立されたこの旅団は、最新のスタッフに次のものを装備していました:コマンド部門、100 km以上の射程を持つランスの地上から地上へのミサイルグループ、2/203自走砲の39つのグループ、近接防御のための大隊レベルの歩兵、エンジニアリング大隊、トランスミッション大隊、偵察ドローングループ、ヘリコプター戦隊グループ、専門部門、ターゲット獲得グループ(特殊作戦部隊)、ロジスティクス大隊。

MLRS連隊、155/45発射Vulcano弾薬のXNUMXつの自走式グループ、偵察と長距離標的獲得のための重ドローン連隊(おそらく武装誘導ミサイルと爆弾)、長距離キラードローンの連隊と、標的獲得とレーザー追跡のために敵のラインの後ろに潜入するパラトルーパー、戦場監視レーダー、対空および対ドローンシステム、ヘリコプター攻撃などのサポート部門。

この大きなユニットは、ターゲットの識別からそれを排除するための弾薬の発射までの介入時間を短縮するために、砲兵器に属している必要があります。

FC